年齢・段階別の子育て情報 小学生以上 年齢・段階別の子育て情報 小学生以上

支援制度や助成金

児童手当

中学校修了前の児童を養育している方に支給されます。

  • 月15,000円(3歳未満、3歳~小学生の第3子以降)
  • 月10,000円(3歳~小学生の第1子・2子、中学生)

所得制限限度額以上の場合は月5,000円(特例給付)

imgimg

【問い合わせ先】市町村児童福祉担当窓口(公務員の場合は勤務先)

児童手当を受けるには

とやま子育て応援団

毎月、「とやま家族ふれあいウィーク」(「とやま県民家庭の日」(毎月第3日曜)から始まる1週間)の期間を中心に18歳未満(高校在学者含む。)
の子ども連れの家族が、協賛店を利用した場合に、協賛店が設定している割引や特典等の各種サービスが受けられる制度です。

とやまっ子すくすく電気

県営水力発電所を効率的に運営することにより得られる利益の一部を活用して、18歳未満の子ども3人以上の子育て世帯の電気料金負担を軽減します。

◇子ども3人の世帯・・・・・最大 8,400円(月額 700円)
◇子ども4人以上の世帯・・・最大21,600円(月額1,800円)

仕事と子育ての両立支援

就職・再就職のために

教育訓練給付制度

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、
本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。

《給付を受けることができる方》

雇用保険の一般被保険者又は一般被保険者であった方
※支給要件期間が3年以上(初回は1年以上)ある等の条件を満たしていることが必要です。
※教育訓練の受講修了後に、ハローワークへ支給申請が必要です。

《対象となる講座》

教育訓練給付の対象となる講座は、厚生労働大臣の指定を受けていることが必要です。

子育て中の方の就職活動の支援

PDFハローワーク富山マザースコーナー

結婚・出産・子育てなどのライフサイクルの中で、みなさまが意欲と能力を発揮して働くことができるよう、
職業相談や仕事と子育ての両立のための情報提供を通じて、お仕事探しのお手伝いをしています。
お子様連れでも安心です。

所在地 富山市湊入船町6-7 サンフォルテ2階
TEL 076-461-8617
利用時間 月~金曜日9:00~17:25
(休館日:土曜・日曜・祝日・年末年始)

ハローワーク高岡マザースコーナー

出産、子育て等で離職した方や子育てをしながら就職を希望する方を対象に、
利用者の状況やニーズに応じた様々な就職支援を行っています。
※お子様連れでも気兼ねなくご利用ください。

所在地 高岡市御旅屋町1222-2 エルパセオ1階
TEL 0766-26-1147
利用時間 月~金曜日8:30~17:00
(休館日:土曜・日曜・祝日・年末年始)
参考

子どもを預ける

ファミリー・サポートセンター

「育児を手伝ってほしい人」と「育児を手伝いたい人」がそれぞれ会員登録し、子育ての相互援助をサポートするサービスです。
保育所への送迎や突発的な残業のときの預かりなどにも利用できます。

【問い合わせ先】市町村児童福祉担当窓口

子どもと遊ぶ・学ぶ・集う

児童館、児童センター

子どもたちに仲間との遊び場を提供したり、楽しい教室や季節の行事などを企画したりしています。

児童館と児童センターはどう違うの?

児童館は、遊びや体験を通じて、子どもたちを健康で心豊かに育てていくための場所です。
児童センターは、体育室のある児童館のことです。

放課後児童クラブ

保護者が働いているなど昼間家庭にいない場合、小学校に通う子どもたちに、家庭に代わる生活の場を提供します。
平日の放課後や夏休みなどの学校休業日に、放課後児童支援員などが遊びや支援を通して、子どもたちの健やかな成長をサポートしています。

【問い合わせ先】市町村児童福祉担当窓口

とやまっ子さんさん広場事業

地域住民やNPO法人などが、公民館、地区集会場や民家などを活用して子どもが過ごす場所をつくっています。

【問い合わせ先】富山県厚生部子ども支援課

放課後子ども教室

放課後や週末等に小学校の余裕教室等を活用し地域の方々の参画を得て、
子どもたちとともに学習やスポーツ・文化活動、地域住民との交流活動等の取組みを実施しています。

【問い合わせ先】市町村生涯学習担当窓口

障害児わくわく子育て支援事業

親の会を中心に、特別支援学校等で障害のある子どもの放課後預かりをしています。

【問い合わせ先】市町村障害福祉担当窓口

子どもの健康・医療

相談窓口

休日夜間当番医のご案内のほか、県内の病院・診療所等の検索ができます。
携帯電話でもご覧になれます。

お子さんが病気やケガなどをしたときの適切な対応や医療機関の上手なかかり方等を紹介したガイドブックです。

休日夜間急患センター

休日や夜間に地域の医師が交代で診察をしています。

施設名 診療科目 住 所 電話番号
富山市・医師会急患センター 小児科、内科、外科、眼科、耳鼻科、皮膚科 富山市今泉北部町2-76 076-425-9999
高岡市急患医療センター 小児科、内科、外科 高岡市本丸町7-1 0766-25-7110
新川医療圏小児急患センター 小児科 黒部市三日市1108-1 0765-54-2211
砺波医療圏急患センター 小児科、内科 砺波市新富町1-61 0763-34-7747
富山県小児救急電話相談

夜間におけるお子さんの急な病気やケガなどの際に電話で相談ができ、看護師(症状等によっては小児科医)から、
症状に応じた適切な対処の仕方や受診に関するアドバイス等を受けられます。

TEL:局番なしの「#8000(短縮ダイヤル)」又は、
076-444-1099
午後7時~翌朝9時(365日、毎日実施しています。)

富山県インフルエンザ関連情報

インフルエンザに関する県からのお知らせや、基本的な対策などが掲載されています。

子育てに関するサポート

ひとり親家庭への支援

児童扶養手当

父母の離婚、父親(母親)が死亡した場合や父親(母親)が重度の障害を持っている場合等に、
生計をともにする子どもの母親(父親)などに支給される手当です。

【問い合わせ先】市町村児童福祉担当窓口

母子父子寡婦福祉貸付金

子どもの修学資金など、様々な資金の貸付制度があります。
貸付けの条件や償還方法については、母子・父子自立支援員が相談に応じています。

【問い合わせ先】市町村児童福祉担当窓口

町村にお住まいの方は県厚生センター

ひとり親家庭等医療費助成給付

ひとり親家庭などの保護者や子どもの医療費について、助成が受けられます。

【問い合わせ先】市町村児童福祉担当窓口

母子・父子自立支援員

就業や子どもの教育など、母子・父子家庭のあらゆる相談に応じ、情報を提供します。

【問い合わせ先】市町村児童福祉担当窓口

町村にお住まいの方は県厚生センター

母子・父子自立支援員

母子家庭等就業・自立支援センター

就業相談員による職業紹介などの就職支援や就業講習会を行うほか、生活相談にも応じています。

障がい児への支援
障害児等療養支援事業実施施設

障害児や発達が気になるお子さんをもつご家族等を対象に必要な福祉サービスの利用をはじめとした様々な相談に応じています。

施設名 電話番号
富山県リハビリテーション病院・こども支援センター(富山市)富山県リハビリテーション病院
こども支援センター(富山市)
076-438-2233
富山市恵光学園(富山市) 076-431-5501
高岡市きずな子ども発達支援センター(高岡市) 0766-21-3615
魚津市つくし学園(魚津市) 0765-24-3240
わらび学園(南砺市) 0763-22-6055
障がい者相談支援センターかたかご(高岡市) 0766-26-0808
障がい者サポートセンターきらり(砺波市) 0763-33-1552
新川会地域生活相談室(四ツ葉園内)(上市町) 076-472-1118
新川むつみ園障がい者相談センター(入善町) 0765-78-1131
発達障害者支援センター「ほっぷ」

発達が気になるお子さんをもつご家族等が、身近な地域で必要な支援が受けられることを目指して、その支援体制(ネットワーク)整備等を行っています。

その他の支援事業等

各種手当・支援事業については、市町村障害福祉担当窓口までお問い合わせください。